ハロウィンの”顔”全国各地へ!!

9月10日よりハロウィン向け観賞用カボチャの受入が始まりました。初日は約1,500箱(1箱5~6㎏)を受入し、札幌、東京、大阪、福岡など全国各地の市場へ出荷しました。観賞用カボチャはオレンジ、黄色、緑色の3色の化粧箱に分け、オレンジは「ジャックビークイック」、黄色は「プッチーニ」、緑色はさまざまな品種を入れた「フルーツMIX]として出荷しており、オレンジと黄色の化粧箱には目や鼻、口などのシールが付いており、貼るだけで顔を表現できるようになっています。観賞用カボチャは花き生産者23戸が栽培し、花き担当者が厳しく検品して出荷されることから、市場の評価も高いようです。花き担当者は「今年は天候も良く豊作」と太鼓判を押していました。10月中旬まで道内外の市場へ出荷する予定です。

次の記事

10月31日